Husky's Cafe blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 通勤途中の楽しみ?中吊り広告のなぜ【ダ・ヴィンチより】

<<   作成日時 : 2005/09/27 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

雑誌「ダ・ヴィンチ」に「中吊り広告のなぜ?」という特集がありました。

読者から、中吊り広告に対して普段から考えている疑問点が数多く寄せられていました。

笑ったのが、「『AERA』がダジャレにこだわるのはなぜ」。確かに毎週のように、ダジャレがキャッチコピーに使われています。時々、何がシャレになっているのか、考えなければならないときもありますね。ちなみに今週は“愛知万博 オワリ”。そのまんまや!

「車両全部が同じ広告のときがあるのはなぜ」
確かにこれもあります。こんなとき電車に乗ると目が点になりませんか。しかも連結部の扉から見える次の車両もその次の車両も同じ広告。どうせなら間違い探しにでもしてくれれば退屈しなくてすみますが。「右と左の広告で○カ所違いがあります。」とかね。間違いが見つかるまで降りられないかも!

「必ずと言ってよいほど『女子アナ』の文字を目にするのはなぜ」。しかも登場する女子アナの名前もほとんど同じ人ばかり。しかし、その記事が気になってしまう僕って・・・

「『独占スクープ』と書いてあるから買ったのに、肝心の記事はたった2ページなのはなぜ」お気の毒様。買わずにコンビニで立ち読みが基本ですよ、週刊誌は。

「女性週刊誌の中吊りを見るのが恥ずかしいのはなぜ」
僕は、これは恥ずかしくないのですが、中吊り広告に「読みたい!」と思う記事があっても、本屋で手に取るのは恥ずかしい。スーパーで女性下着の売り場を通るのが恥ずかしいのと似たような感覚です。何か犯せない女性の領域みたいな。

僕が気になるのは、「週刊文春」と「週刊新潮」が必ず裏表になっていること。ライバル誌だからでしょうか、同じような色遣いで同じような見出しの中吊り広告。できれば横に並べてくれると、比較できて楽しいのですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
通勤途中の楽しみ?中吊り広告のなぜ【ダ・ヴィンチより】 Husky's Cafe blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる