学園祭の思い出【関大マグマ】

学園祭の季節になりました。

僕の母校関西大学も毎年この時期に4日間の日程で学園祭を開催しています。
その期間は学校が休みになるので、旅行に行ったりする学生もいるようですが、僕が学生の頃は関大生がもっとも関大生でよかったと感じられる機会が学園祭でしたので、とても楽しみな行事でした。

特に大物ゲストを呼ぶわけでもなく、何がそんな楽しいのかというと、最終日の夕方に始まる
後夜祭」。
これこそが年に一度、関大生が”燃える”日なのです。

それは前日から始まります。
後夜祭が行われる第一グランド。
それを囲むように段々畑とよばれる階段状になった観覧席があり、そこに各クラブ・サークルが場所取りのために前夜の8時くらいから集まり始めます。
酒を飲んだり、麻雀をしたりしながら徹夜での場所取り、大学近くで下宿してる人や1年生がかり出されます。

しかし早朝の6時には、警備担当の体育会の指示でいったん場所取りしていた学生は段々畑から出され、それから改めて場所取りしなければなりません。
そこで確保した場所がようやくそのクラブ、サークルの場所となります。

第一グランドの特設ステージでは、まず午後3時くらいから軽音楽部のライブ演奏が始まります。
その頃は、まだ場所取りに疲れた学生たちが昼寝をしている時間です。
それ以外の学生は、酒屋に買い出しに向かいます。

続いてプロレス同好会によるプロレス。本物のプロレス並の迫力と、おもしろおかしい実況で、毎年とても盛り上がります。
そんな実況を聞いて段々畑には人でどんどん集まり、暗くなり始めた夕方6時頃に、遠くからかすかにブランスバンドの演奏が聞こえてくる頃には超満員となりま。
それはだんだんと大きくなり、後夜祭の主役、ブランスバンド部と関大応援団が特設ステージに登場。
僕たちはすでにビールを4、5本飲み干し、日本酒を飲み始めています。
そのあたりでケンカがおこり、警備役の空手部、柔道部の部員がそれを止めに(殴りに)入ります。

ステージ後ろに設置された、”K U”の文字をかたどったファイアーストームに火が入れば、学生のボルテージは最高潮に達します。
段々畑の最上段のさらに後ろには入りきれない学生たちが幾重にも立ってステージを食い入るように見ています。

応援団による演舞に熱狂し、関西大学学歌や関大生の心のよりどころ「関大逍遙歌」は、全員で大合唱。
関大生であることを誇りに思う瞬間です。

そして関大魂が燃えたぎる「関大マグマ」。

♪千里が生んだ~ 正義は関大~
      勝利の凱歌を あげるため  負けじ魂の根性だ
          K A N D A I
      ファイト ファイト ファイト
        飛び出せ 関大~  勇気を持って~
          今日も 関大に 勝利あり~


マグマ大使の替え歌であるこの歌が演奏されると、僕たちのアドレナリンが体中から沸きだし、誰もが他の誰よりも大声で歌おうとするので、地鳴りのような大合唱となり、前後の見境のなくなった学生たちが一升瓶で一気し、隣の見知らぬ奴らと肩を組み、そして(飲み過ぎて)倒れていきます。

暗闇を切り裂くような真っ赤なファイヤーストームの火が消えると、祭りもフィナーレを迎えます。

泥酔状態で、ふらふらと帰ろうとすると、酔った目に飛び込んでくる風景は・・・

段々畑から正門へと向かう坂に、酔いつぶれた学生たちが何十人と横たわっているのです。

まるでセリを待つ魚市場のマグロのよう。。。

その日は、急性アルコール中毒で倒れた学生のために市の救急車が20数台も関大に来た、と聞いたこともあります。
いまから考えると、ほんと信じられないことです。このせいで、僕の卒業後数年して後夜祭での飲酒が禁止になったとのことです。(後輩のみなさん、すいません m(_ _)m ペコリ)

酔いつぶれなかった学生も倒れなかっただけで、ほとんど記憶をなくしている者も相当にいました。

僕も一度・・・
電車が止まったので、梅田(大阪)に着いたと思い、降りると駅がやけに暗い。。。阪急梅田駅って屋根があったはずだけどなあ。。。
なんと北千里駅でした。

爆睡していたため、折り返した電車が反対側の終点、北千里に着いていたのでした。。。

不幸中の幸いだったのが、北千里行きだったってこと。
もし京都河原町行きだったら、帰ってこれないところでした。

後夜祭で酔いつぶれた学生の失敗談は、色々あります。

僕の友人は、家に帰ると片方の靴が他人の靴だったってことがありました。
僕はというと、ロサンゼルス・レイカーズの帽子をかぶっていたはずが、家に帰るとダラス・カウボーイズの帽子だったってことがありました。

そんな時代に飲みつぶれていた学生たちも、今は30代も中盤に差し掛かり、仕事でもそれなりの役職につく年齢となっているのは不思議な感じがします。
過去の悪行は、微塵も見せずに、すました顔して仕事しているのでしょうか。(僕自身も含めて)

もっとも大学生らしかった思い出です。

※これは、以前DIONのブログで書いたものに加筆・修正したものです。
関大マグマの思い出を、どうしても残しておきたくて、再びアップさせてもらいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ここまですごくはないですが・・・

    Excerpt: Huskyさんの「関大マグマ」の思い出を読んで思い出した。 近所の獨協大学も今日から学園祭。... Weblog: ガッちゃん’SBAR racked: 2005-11-04 06:49