『木綿のハンカチーフ』

つい最近まで大学生として遊び回ってたような若者が
スーツに身を包んで、緊張した面持ちで電車を待っていました。

僕は入社式が東京だったので、朝早い新幹線に乗ったのを
思い出します。

♪恋人よ 僕は旅立つ~
  東へと 向かう列車で~
   華やいだ街で 君への贈り物
    さがす さがす つもりさ~

・・・なんてBGMは流れてませんでしたが、留年した友達、
後輩らに見送られて、東京へと向かいました。

『木綿のハンカチーフ』昨日に続いて、
懐かしい歌謡曲シリーズ(?)です。

手紙のやりとりをそのまま歌詞にした、
とても物語性のある曲で、聴くとしみじみした気持ちになるなあ。
今の時代に忘れられたような“純愛”物語だ。

こういう歌って、想像力をかき立ててくれますよね。
待ってる女の子ってどんな子なんだろう??
素朴だけど可愛らしい女の子をつい想像してしまう。(僕だけか?)

太田裕美が歌うから、よりこの歌がよくなる、と感じる
方もいるかも知れませんね。

浜崎あゆみが歌ってもねえ。
「あ、地元離れるの?じゃあサヨナラ!」
って、あっけらかんと別れてしまいそう。

『木綿のハンカチーフ2008』って、誰かあの歌のその後を
歌ってくれないでしょうか。

化粧をバッチリした都会の女性と付き合って、
愉快に毎日過ごすものの・・・

その女性から、指輪にダイヤにとせがまれて・・・
結局もとの彼女とよりを戻したくなる。

でも彼女は、そんな男を待ってるほどお人好しじゃない・・・

それとも・・・やっぱり『木綿のハンカチーフ2008』は

田舎娘だった彼女が、都会に出てどんどん派手になってゆく
様を歌うほうが面白いかも!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みゃ~。
2008年04月02日 22:28
これまた名曲!
「なごり雪」は、ウチの息子も大好きな曲。
世代を超えて、愛される曲が歌えるって
なんだか嬉しいよね♪
「木綿のハンカチーフ」も同じく!
あの時代の歌謡曲って、いつになっても良い曲やよね♪
Husky
2008年04月03日 12:56
みゃ~。さん

息子さんも好きなんや~!
いい耳持ってるわ(^^)

「木綿のハンカチーフ」は、流行ってたときより、今になって良さを実感しています。
ガッちゃん@お久しぶりです
2008年04月05日 19:21
良い歌ですよね。
彼氏に別れを告げられて
木綿のハンカチーフを最後にねだる
古き良き大和なでしこの模範のようです。

僕も続き、聞いてみたいですね。
Husky
2008年04月06日 09:35
ガッちゃん

ホントいいですよねえ。
木綿のハンカチーフって言葉自体が時代を感じさせますね。

この記事へのトラックバック