復活!!

復活だ~!!

4日ぶりにブログを書く!!

「復活の日」なんて小説もあったが、読んではいない!!

僕が子供の頃によく読んでいた漫画が、復活しています。

『リングにかけろ2』や『キン肉マン2世』。
実は読んではいないのですが、どちらも前作の登場人物の
子供達が活躍するストーリーのようです。

『リングにかけろ2』は、そろそろブックオフで買い始めようかと
画策中です。

『リングにかけろ』や『キン肉マン』が、自分たちと同じように
年をとって、自分たちと同じように子供ができて、その子供の
時代の物語が読めるというのは、「年をとったな~・・・」と
感じるものの、なかなかワクワクするものでもあります。

・・・じゃあ、何でまだ読んでないねん!とつっこまれそうですけど(^^;)

そういえば、2世ものではないですが、『サーキットの狼』は続編がありましたね。
『モデナの剣』ですね。

『ドカベン』も、『大甲子園』で他の水島漫画の主人公たちと
甲子園で戦って、その後は、『ドカベン プロ野球編』では、
ついにプロに入団もしました。

好きだった漫画の主人公たちが、その後、どんな風になって
いるのか、とても漫画好きとしては気になるところです。

安易な企画と思われようと、どんどんとこのような2世ものを
読み切りでもいいので、描いてほしいなあ。

ニューハーフヤクザとして活躍する『ストップ!ひばり組長』なんて
どうでしょうか。
しょっちゅう休載する江口寿なので、連載は無理だな(笑)

博士と山吹先生の子供が一人前の博士となって、さらなるお騒がせ
ロボットを作る『Dr.スランプ2』。
アラレはロボットなのでそのまんまですが、ガッちゃんがなんと、
大人に成長しているとか。

『3年奇面組』、『ハイスクール奇面組』に続く『取締役奇面組』。
あの5人が全員会社の取締役になっているというギャグマンガです。
・・・あんまり面白くなさそうだ・・・

少年ジャンプだけでなく、他の雑誌も。

『BEBOP HIGH SCHOOL 2』はどうでしょうか。
ツッパリだったヒロシとトオルが、ふつ~のサラリーマンになっていて、
2人の子ども達がヤンキーになっているという子育て物語。

今では、ヤンキー自体が流行らないのでダメかな。

『ゲームセンターあらし2世』もやってほしい。
炎のコマやムーンサルトなんて必殺技を使って、太鼓の達人をやってほしいなあ。

『ガキでか』の続編も楽しみだ。
続編じゃなくてもいいから、本物の刑事になったこまわり君を
『名探偵コナン』にでも出演させてくれないかなあ。

『みゆき』だって『タッチ』だって、み~んな、10年後くらいの物語を
読んでみたいです。

いくらでも読みたい続編はあるのですが、このあたりで止めておこう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月26日 23:02
今晩は。
復活待ち侘びましたぞ!

続編じゃあないんですが、ドラゴンボールの初期の頃、
ペンギン村が舞台となった事がありましたねえ。
アラレも千兵衛さんも相変わらずでした。
ちょっと嬉しかったな。

ひばり組長は本気で読んでみたい・・・。
絶対無理でしょうけど。
lemoned
2008年06月27日 02:08
私も「ひばり組長」読んでみたいです!
お父さんは隠居しながらも何かと首を突っ込んで来るんでしょうねぇ。
想像しただけで楽しいですね。
ガッちゃん@朝の帝王(笑)
2008年06月28日 06:29
>アラレはロボットなのでそのまんまですが、ガッちゃんがなんと、
>大人に成長しているとか。

・・・呼ばれました?
・・・お呼びでないですね(笑)。

数年前ですがタッチの続編がテレビで放送されたのを
見ました(ビデオにも録画しました)。
高校を卒業して野球をやめていた達也が
結局メジャーで復活するなんて話だったような。

自分が大人になって
子供の頃好きだったマンガの主人公の
時間を経た姿を見るのは楽しみですよね。
ただ、それが自分の想像した姿と違っている時
かなりショックで幻滅することが結構ありました。
キン肉マンはそのうちのひとつです。
戦えなくなっているキン肉マンは見たくなかった。
あの始まりでなければ今の超人タッグシリーズも
全部購入していたかもしれません。
リンかけ2も当時の主役がいないのがショックで
購入にまで至りませんでした。
難しいところですね。

・・・長文、失礼しました。
Husky
2008年06月28日 17:34
村正さん

ドラゴンボールの最初にそんなシーンありましたっけ?
初期のドラゴンボールは、毎週読んでいたんだけどなあ。
それを覚えていないとは・・・

江口寿史はもはやイラストレーターになってしまいましたね。
Husky
2008年06月28日 17:37
lemonedさん

お、ひばりくんは読んでいたんですね。
お父さんとか手下のサブとかみ~んな年を取っていながらも、活躍してくれそうです。
お姉さんのつぐみさんとか、妹のすずめちゃんとか、みんな成長していて・・・想像するとホント楽しいですね。
Husky
2008年06月28日 17:41
ガッちゃん

無断で、ガッちゃんの名前を使ってすいません(笑)

>戦えなくなっているキン肉マンは見たくなかった。

格闘技好きなガッちゃんならではのこだわりかな。
「リンかけ2」は、ちょっと読みましたけど、結構面白そうだと思いましたよ。

「タッチ」の続編が、達也のメジャーでの活躍というのは、なんか想像できませんねえ。
そういうストーリーは、あの絵とかキャラには合わないような気が・・・
2008年06月29日 00:46
今晩は。
単行本の何巻かは忘れましたがドラゴンボールの初期、
子供の悟空とレッドリボン軍がやりあってる最中、ペンギン村が
舞台になりました。
やっぱアラレは「つおい」です。

江口さんは銀杏ボーイズのCDジャケットで久し振りにお目にかかりました。
Husky
2008年06月29日 12:07
村正さん

へえ、そうだったんですか。
天下一武道会あたりまでしか真剣に読んでなかったから知らないのかな。

江口寿史のイラストは、ときどきポスターなんかでも見かけますよね。
なかなか好きなイラストです。

この記事へのトラックバック