『ラフ』あだち充最後!

ようやく『ラフ』について書くときが来た!!

少年サンデーで連載されていたときは、『タッチ』の
あとに始まったのかな?

『タッチ』が連載されているときは、サンデーを読んで
いたんですけど、『ラフ』のときは、もう読んでなかったなあ。

それぞれの実家は、長年ライバル関係にある和菓子店を営む
大和圭介と二ノ宮亜美。

同じ高校に入学し、最初は、ライバル関係にある親同様に
対立する2人だったが、お互いのことを知っていくうちに
段々と気になる存在になっていく。

亜美が兄のように慕う水泳自由形日本記録保持者、仲西弘樹
は、水泳部に所属する圭介にとっては、憧れでもあり、恋の
ライバルでもある。
そんな2人の対決の結果は・・・

こんなストーリーです。(わかりにくい?)

他人が頑張る姿を見るのが何より好きな二ノ宮亜美。
彼女の良さが最初に描かれるのが、亜美の中学の
同級生で、圭介、亜美と同じ高校に通う野球部の緒方
に対してのエピソード。

超高校級で将来はプロを目指す緒方は、1年生ながら
4番バッター。
甲子園の予選で2打席連続ホームランの後は、すべて敬遠
され、チームは逆転負けします。

それを見ていた亜美のセリフが、すごく泣かせる・・・
 
  なんで敬遠なんてものが許されてるのかな

  努力もなしに素質だけでホームランを打てるようになったわけじゃないのよ

  なのに  一番大事なところでボールを見送ることしかできないなんて

  それじゃ 緒方くんは、 
 
  なんのために毎日 手の皮がむけて血がにじむまでバットを振ってきたの?



このセリフと、涙を流す亜美の姿見て、ホロリときたわ~。
ここだけ5回くらい、読み返しました。

しかし、なぜ『ラフ』が最高傑作と言われるのか?を
考えると、脇役がものすごく魅力的なところかなって
思います。

同じ寮に住む、緒方、関、久米、北野がみな個性豊かな
うえ、お互いへの思いやりが随所に見られて、ホント
いい友人関係だなって思います。
(詳しくは書きませんけど。)

『みゆき』には、こういった男キャラが足りないんですよねえ。
中田先生、竜一、村木らが登場しますが、真人との関係が
とても希薄で、単なる知り合いの域を出ません。

『タッチ』だと、原田が達也との関係は深いかな。
高校になって達也をボクシング部に入部させるだけでなく、
達也の気持ちを結構理解しているところがある。

『ラフ』の話に戻りますけど、

カセットテープに吹き込んだ亜美の告白という劇的なラストシーンや、
「亜美を助けに行くぞ!」と日本選手権100m自由形のスタート台に
立つ圭介と仲西弘樹などなど、名シーンは数々あります。

僕が最も好きなシーンは、

三角関係を心配した亜美達をよく知るおじいさんから、
「日本選手権で勝ったほうと付き合え!」と
言われ、「そんな決め方いやだ。」という亜美。
「本命は負けそうなほうか?」と聞かれ、
自信に満ちた表情で亜美が答える。

「いいえ、勝ちそうなほうよ。」

言うよねぇ。(また、はるな愛か!)

画像

予選で自身の持つ日本記録を連続して更新した仲西弘樹
相手に、圭介のことを"勝ちそうなほう"と言える、
そして、圭介が亜美のために勝つと信じられる、
"これぞ漫画!"という展開なのですが、素直に感動できました。

3日間に渡って、長々と書き連ねてまいりましたが、
なかなか熱い思いをすべて書き連ねるのは、難しいですねえ。

それにしても、こんなに単行本の画像貼り付けてたら、
そのうち著作権違反で捕まるなあ・・・
(CDのジャケットとか映画の画像とかもそうですけど・・・)

まあ、あまり集客力がないブログなので大目に見てもらえるかな???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ガッちゃん@ミツル・ア・ダーチ
2008年12月07日 20:46
あだち充のマンガで
主人公が野球をしないのは
僕もラフが始めてでした。
と書きつつ日当たり良好もそうだったかな?

いきなり最初の言葉が
「人殺し」で始まった二人が
最後は惹かれあうというのも
すごい展開でしたね。
Husky
2008年12月08日 13:12
ガッちゃん

『フロは一週間に一度』でしたっけ?
(正確には、ミツル・A・ダーチでは?)

『陽当たり良好』では、勇作は足の速さと肩の強さを買われて、センターを守っていたので、僕にとっては、『みゆき』以来です。

亜美は、プールの中でロープを首に巻いて死んだふり、趣味の悪いいたずらしていましたね。
「人殺し」と一言しか書いてない年賀状とか、冷静に考えると、ちょいとえげつないですねえ。(笑)
2008年12月13日 23:56
はじめまして。かわかみといいます。
たまたま検索していて見つけました。僕もあだち充の大ファンです。
これ読んでたらまた見たくなってきました。
Husky
2008年12月15日 23:24
かわかみさん

初めまして。
あだち充の漫画は、読んだ後しばらくブランクがあくと、また読みたくなりますよね。

この記事へのトラックバック