最近の読書は

今読んでいるのは、島田荘司のミステリーです。

吉敷竹史シリーズを読破する日も近いな。

僕はどちらかと言えば、突拍子もないトリックと、
どんなトリックも簡単に見透かしてしまう御手洗潔
シリーズより、地道な捜査で事件を解決する吉敷竹史
シリーズのほうが好きなのです。

まあ、でも、僕が島田にはまるきっかけとなった
「占星術殺人事件」は、御手洗潔シリーズですが、
御手洗潔シリーズでは、「龍臥亭事件」が好きな作品。

この作品で初登場する犬坊里美がとてもチャーミングな
キャラクターなのです。

上下巻2冊組、結構分厚い大作で、入院中に読んだなあ。

先日まで、海外のミステリーを読んでいました。
「検屍官」シリーズがおなじみの講談社文庫の海外ミステリー、
あの青と白のカバーのものです。

なかなか面白かったのですが、翻訳者は、作家ではないので、
必ずしも読みやすい文章で翻訳してくれるとは限りません。

時には原文に忠実であろうとするあまり、文章がくどく、
読みにくいことがあります。

そんな小説を続けて読んでいると、こなれた日本語の
小説を読みたくなる。

しばらくは日本人作家の本を読んでしまいそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック