沖縄2009~水納島(前編)

去年の沖縄旅行から帰ってすぐに、「来年は水納に行くぞ!」
と心に決めていましたので、1年越しの思いが実現しました。

沖縄旅行の3日目、水納島へ行ってきました。

水納島とは、本島北部から船で15分ほどのところにある小さな島。
その形から、“クロワッサンアイランド”とも呼ばれていて、本島から
気軽に行くことのできる離島です。

事前に情報収集したところでは、本当北部の港から船が出ているよう。
港には駐車場があるのですが、早めに行かないと満車になってしまう
とのこと。

水納島への日帰り海水浴ツアーがいくつかあり、ホテルへの送迎
もしてくれるようで、これだと駐車場の心配をする必要はない。

でも、のんびり朝は寝たいうちの家族は、結局、昼前の船に
乗るために、10時半頃に出ることにしました。
もし駐車場がいっぱいなら、港から近く、車でも行くことができる
瀬底島にでも行こう、と開き直って出発しました。

マリオットから水納島への船が出る渡久地港までは車で45分ほど。
ナビに渡久地港とセットして出発しました。

ナビのとおりに車を走らせていたら、本部港に到着・・・
渡久地港はまだ先と教えてもらい、さらに車を走らせると、
「渡久地港1.7キロ」と標識が!

そのまま走っていると橋を渡りました。
その橋から右手に港が見えている!「ひょっとしてアレ?」
橋を渡ってすぐ車をとめて、道沿いの店で尋ねると、
僕の予想どおり、橋から見えていた港でした。
しかも、僕たちが乗る船がちょうど入港してきていた。

あわててUターンして港へ向かいます。

しかし標識も出てないし、よくわかりません。

とにかく港が見えた方へ曲がりました。
狭い路地のようなところに迷い込んでしまった。
しかし、右を見ると港のような風景が・・・

道の角でバイクに何か積んでいた人に道を聞くと、
その角を曲がれば良いのとのこと。

何とか港へたどり着きました。

フェリー乗り場はわかったのですが、その前にある駐車場
に行く前に、つぶれかけたお店の前で、おじさんたち3人が日向ぼっこを
しているのが目に入りました。

「水納島へ行くんですが、車とめる場所はどこですか?」
と聞くと、「そのへんに止めていいよ。」と店の横の空き地を
指差します。

1台分空きがあったので、そこに車を止め、事なきを得ました。

それにしても、のんびりしたおじさんたちがいい味だしてるわ。

フェリー乗り場に着いたのは、11時43分!!
まさに間一髪!!

画像
↑これが間違えて渡ってしまった橋です。

瀬底大橋と交わる交差点を過ぎるとスーパーのマックスバリューがあるのですが、
そのすぐ手前の信号を斜め右に行くのが正しい港への道ですので、ご注意を!

港にたどり着くまでで、こんなに書いてしまいました。

続きはまた次回!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック