沖縄2009~水納島(後編)

瀬底島を右手に見ながら、水納島へ向かいます。

遠くにぼんやりと見えていた水納島がだんだんと
大きくなってくる。

ビーチには数多くのパラソルが広げられています。

海の色がエメラルドグリーンへと変わります。

画像

船が到着する桟橋の両サイドにビーチが広がっています。
その美しさに感激!
これほど透明度のある海はいつ以来だろう?

ビーチに立つマリンショップでは、パラソルが無料でした。
あまりに強い日差しにすぐさまパラソルを立ててもらいましたよ。

今回はしませんでしたが、各種マリンスポーツも現地で
申し込むことができます。
ちょいと値段をチェックしましたが、ドラゴンボートが
1500円に値下げされていましたので、現地で頼むほうが
安く利用できるかもしれません(^^)

画像

目の前の海に飛び込むと、白い魚が何匹か泳いでいました。
数メートル泳ぐと、もう足がつかないほどの深さになります。

珊瑚や岩が沈んでいるところまで泳ぐと、カラフルな小さい
魚が何匹も群れています。
水面あたりに目を移すと、カマスのような細長い魚が
これまた10匹ほどの群れになって泳いでいます。

シュノーケリングツアーに行けばもっと多くの魚が
見られるんでしょうけど、ビーチから泳いで行ける
範囲でも十分に目の保養になります。

さて、島の情報ですが、ビーチにあるマリンショップの
隣には屋根のあるスペースがあり、テーブルとイスが
いくつか置かれています。(少々ほこりっぽいですが)

空いていれば、ここで太陽の光から逃れることもできます。

また、そのすぐ横には船を待つための待合所が建っていて、
その中のベンチで休憩したり、ご飯を食べたりしている
人も多くいます。

ビーチから1本の道がなだらかな坂となって島の
中心へと延びています。

この道を歩いてすぐのところに水納島直営のマリンショップ
があり、トイレ、更衣室、シャワーが備え付けられています。

画像

左手の白い建物が更衣室やシャワーのあるマリンショップです。
シャワーは1分くらいで100円。
小さな島ですので、水は貴重です。

女性用のシャワーはとても混みますので、帰りの船に乗る前に
シャワーを浴びたい方は、お早めに!
男性用は並ぶことなく利用できました。

浮き輪などに空気を入れるためのコンプレッサーは、
そのマリンショップの裏手にありますので、店の人に
一声かければ、場所を教えてもらえますよ!

小道をさらに歩いていくと、右手に2軒のお店があり
軽食を食べることができます。これらのお店は民宿も
兼ねているので、水納島に宿泊したい方はこちらへ。

軽食のメニューは、カレー、タコライス、沖縄そば、ビール、
そして沖縄ぜんざいやかき氷などがありました。
昼食付きのツアーで行かれた方は、これらのお店が
昼食の受け取り場所になっていました。

さて、さらに歩くと道が二股に分かれます。
そこには、木の案内板があり、「水納小中学校」との文字が。
こんな小さな島にも学校があるんだなあ、とビックリ。

さらに歩けば島の反対側に出られるはずなのですが、
時間もないので、散歩はこれにて終了。
次回は朝のうちに島に着いて、島を一周してみたいものです。

帰りの船は、午後4時15分。最終から2番目です。

もっと長くいたかったなあ、と名残惜しい気持ちで、
船に乗り込みました。

ホテルでもらった水納島の案内マップを貼り付けておきます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック