M-1グランプリ2009

クリスマス前の恒例、今年のM-1グランプリがやってきました。

今年の決勝進出メンバーを見たときは、
あんまり期待はしていませんでした。

し、しかし、面白かった~!!

敗者復活戦で、昨年のチャンピオンNON STYLEが勝ち上がった
ことで、初の2連覇あるかも!という楽しみができたのもよかったです。

決勝の第一ラウンドでの僕の感想だと、
1位はダントツで笑い飯でした。
これは審査員の判断と一致するところ。

とにかく笑えました。
ひっさびさに笑い飯の面白さ、怒涛の攻撃!という感じで
涙流して笑いましたよ。

2位のパンクブーブーも笑えました。
涙を流すほどではありませんでしたが、ネタが面白くて
笑いっぱなしではありました。

3位のNON STYLE、さすがですね。
最近はエンタの神様でネタを見ることが多いのですが、
時間が短いもんねえ。やっぱりある程度の時間を
与えると、ホント笑えます。

最終ラウンドには進めなかったものの、はらいち、
良かったと思いましたけどねえ。

ペットを飼いたいというところからのボケの連発は、
今までに見たことのないタイプでしたし、ノリツッコミの
キレが良くて、こちらも大爆笑でした。
ナイツを抜けなかったというのが、僕としては不思議でした。

東京ダイナマイツもいい線いってたと思いましたけどね。
M-1では、大爆笑をとらないといい点数はでないようです。
ボケとツッコミがしっかりしていて面白かったですけどね。
クスクスと笑わせるツボを突いてきている、という感じがしました。

意外だったのは、ハリセンボンが南海キャンディーズにも
及ばなかったこと。
自虐ネタが点数加算できなかった原因でしょうか。
うちの奥さんは大爆笑していましたが。

最終ラウンドの結果は、パンクブーブーの圧勝でしたね。

笑い飯は、まず無理だと思いました。
あのネタはきついですよね。
第1ラウンドと比べて面白くなかったというより、あのネタなら
決勝進出もできなかったほどに笑えないネタでした。

NON STYLEは、昨年の王者ということで審査員のハードルも
高くなっていたんじゃないでしょうか。
そのあたりの審査員の評価をもっと聞いてみたかったですね。

でもやっぱり漫才はいいですね。

バラエティ番組に出るのがお笑い芸人のステイタスのようになって、
必ずしもテレビに出ている芸人がネタが面白い芸人ではなくなって
きているので、このようなネタを披露する番組はホント楽しめます。
(僕だけかもしれませんが)

関西では、休日の夕方あたりに漫才を見せてくれる番組があって
今日の審査員だったオール巨人や中田カウスの漫才を見ることが
できますが、やっぱり僕の中では漫才が一番だなあ。

いくらフリートークが上手くても、いくらひな壇に並んで座って
面白いこと言おうとも、決してすごいとは思えないんですよねえ。

M-1の価値が落ちたとか、価値がないとか、言う人はいますが、
いやいやそんなことないですよ。
ゴールデンの全国ネットで放送しているバラエティや、芸人いっぱい
ひな壇に座ってる番組のほうがよっぽど笑えませんから。

しかし、M-1の審査員は、人選を考え直す必要があるとは思います。

少なくとも、ナイツが所属している漫才協会のベテラン漫才師あたりは
入れるべきじゃないかな。
それか、いとしこいしのこいし師匠あたりの審査も見てみたいです。
東国春知事は、いらんやろ!!
あと、中田カウスもオール巨人が審査員なら必要ないのでは?

まあ、とにかく例年通り笑えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック