品格なき横綱審議委員会

朝青龍が突然の引退です。

引退届を出した後に、自主的に臨時開催した横綱審議委員会では
史上初の引退勧告を採決したとのこと。

先に朝青龍に引退届けを出されてしまったので、
効力を発揮することはなかったものの、まあ今回の騒動では
当然かなと、朝青龍びいきな僕も思っていました。

ボクサーの拳が凶器、とよく言われるのと同じで
格闘技をしている人、特にプロならば、試合以外で
その力を使ってはいけないのは必然的なことだと思います。

巡業をさぼってサッカーや、他のモンゴル力士といさかいを起こすの
とは次元が違う不祥事ですので、引退勧告に異論をはさむつもり
はないんです。

しかし、引退勧告にはこう書かれています。

『横綱に対する国民の期待に背いた責任を免れるものではない』


・・・・???

今回の暴力騒動は、横綱云々ではなく、力士として責任を逃れられない
ものなんじゃないんかな??

脚本家の妖怪が横審から去ったものの
残った方々も、あんまり品格をお持ちではないようですな。
(その妖怪は、満面の笑みで朝青龍の引退を喜んでおりましたな。)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年02月06日 20:10
今晩は。
これは、朝青龍の件以外にも言える事なんですけど、
殊更に「品格」云々を述べる者ほど己自身に品性がありませんよね。
確かに人と云うのは、(私自身を含め)
得てして己自身については無自覚なものでありましょうが、
中途半端に教養があったり経済的に恵まれている者は
その傾向がより一層強いように見受けられます。
横綱審議委員会のお歴々も然り、でありましょう。
とは言え、私も朝青龍の引退そのものは「当然の報い」だと思っています。
lemoned
2010年02月06日 23:40
現役のお相撲さんで、名前と顔が一致するのは、ワイドショーで騒がれた朝青龍だけだったかもしれません。たまたま話題がなかったのか、何かがあると連日放送されてましたよね。それと、脚本家の妖怪(笑)が、私怨のようにいじめている印象が強くて、朝青龍には同情していたのですが。
今回の事件で、「ああ、やっぱりこういう人だったのか。」と思ってしまいました。Huskyさんの言うように、幕下であっても一般人に手をあげるのはいけないですよね。

それでもやはり、記者会見で涙を流しているのを見たら、可愛そうになりました。学生の頃から日本にやってきて頑張ってきたのに残念です。なにより、"妖怪が満面の笑み" だったという事を知って、非っっ常に悔しい!

Husky
2010年02月07日 11:47
村正さん

自分のことを棚に上げて・・・と言う人が本当に多いです。
できるだけそんなことがないように気をつけるようにはしたいですね。(ブログで文句をたれるときも)

横審の方々は、あれで自分たちに品格があるんだと思っているんでしょうね。

Husky
2010年02月07日 11:48
lemonedさん

妖怪は、単なる好き嫌いでしゃべっていましたからね。
ああいう物言いに、全く品格はありませんでした。

暴力はアカンねえ。
今までは、破天荒な横綱ということで、面白い存在ではあったのにねえ。

この記事へのトラックバック