2010沖縄~かりゆしビーチ

オキナワ マリオット リゾート&スパは、
海沿いのホテルではなく、海を見下ろす山の上に
建っていることは以前書きました。

ビーチは10分間隔ほどで走っているホテルの送迎バスを
利用して、ほんの2、3分ほど下ると到着します。

国道58号線沿いのそのビーチは、「かりゆしビーチ」という
名前がついていて、マリオットと同じく山の上に建つ
沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパの宿泊客も
利用しています。

かりゆしビーチリゾートの送迎バスには、"喜璃癒志"と宛字
で書かれていました。

ビーチ前にローソンがあり、送迎バスはローソンの前に到着。
バスを間違えると隣のホテルに連れて行かれるので注意が必要です。

ビーチは、岩山を挟んで北側が遊泳用のビーチ、
南側がマリンスポーツ用ビーチと完全に分けられています。

遊泳用のほうは、遠浅の自然のビーチ。
恩納村あたりのリゾートホテルのプライベートビーチに比べると
水はとてもきれいです。

珊瑚礁ではないので、魚はそれほど期待できないものの、
カラフルな魚を何種類かは見ることができます。
引き潮時には、大人のひざくらいまでしか深さがないので、
魚を見るなら満ち潮のときがいいかな。

去年行ったときには、遊泳用とマリンスポーツ用ビーチを
隔てている岩山のビーチ側も遊泳できる時間があったのですが、
そのときは、水中の岩の周りに結構な数の魚がいたんですよ。
今年はロープで行けないようになっていたので、遊泳禁止に
なったかな?

ローソンがある建物が2階建てになっていて、
1階にローソン、その隣にマリンスポーツの受付カウンター
があるスペース、そして沖縄そば屋さんがありました。

2階は、マリオットとかりゆしのラウンジがあり(と言っても、
テーブルとイス、それに飲み水のタンクがあるだけ)、
宿泊客なら休憩することができます。

かりゆしのほうは多くの利用者がいましたが、マリオット側は
僕ら家族だけでした。

マリンスポーツは、定番のドラゴンボートに、アクアサイクル、
ジェットスキー、グラスボート、それにシュノーケリング。

ドラゴンボートが物足りない方は、大型浮き輪をジェットスキーで
引っ張るビスケットもあります。(うちの娘たちは、楽しそうでしたよ。)

ドラゴンボートもビスケットも、結構沖のほうまで出て行きますよ。
ビーチから見ると豆粒くらいにしか見えないほどでした。

シュノーケリングは、聞いたところでは、ビーチからボートで
5分ほどの距離の珊瑚礁で行うそうです。

画像

ビーチでの食事は、前述の沖縄そばのほかに、ローソンのある建物に
隣接しているカフェテリアとレストランがあります。

カフェテリアのメニューで食事と言えるのは、タコライスとカレーくらい。
あとは、ホットドッグなどの軽食、あ、生ビールはもちろんありました。
あとはデザートのかき氷やアイスクリームくらいかな。
不思議な食感で話題になった、あのかき氷とアイスクリームを足して2で
割ったようなデザートもありました。(うちの奥さんの大好物!)

カフェテリアの前にあるテラス席で食べるのですが、テーブルが4つほど
と少ないので、タイミングが悪ければ席はありません。
まあ、そんなときは2階のホテルのラウンジで食べましょう。

レストランでは、手頃な値段で沖縄料理を食べることが出来る他、
ラーメンなどのメニューもありました。
でも閉まるのが早い!2時か2時半には閉まります。

僕と娘は、カフェテリアでタコライスとカレー(娘用)、
うちの奥さんは、ローソンで食べ物を調達、ついでに
缶ビールも買って、2階のラウンジで涼しい中、食事していました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック