M-1ファイナル

さあ、年の瀬の恒例ブログ。

M-1グランプリ!!

今年が10年目、そして最後とのこと。
10人目のチャンピオンはどのコンビか楽しみ。

と言いながら、横目で和室のテレビをちら見。
フィギュアスケートを見ていました。

ちょうど決勝が終わって結果発表のタイミングで
スケートは村上佳菜子ちゃんの順序になったので、
リビングのテレビをスケート和室のテレビをM-1に
チャンネルチェインジ~!!

完璧な滑りでしたね。
一気に日本のエースになりそうな滑りでした。

あ、M-1の話やった。

今回、前評判低かったですよねえ。
決勝のメンバーを見て、「笑い飯にM-1取らせるんやなあ。」
なんて声も聞こえていました。

その前評判の低さは、残念ながら当たってしまったように
僕は感じました。

面白かったのは、笑い飯の1本目「サンタウルス」と
スリムクラブの2本目の葬式ネタかなあ。

敗退組では、ハライチ結構好きなんですよ。
審査員は空回りしてるって言ってましたが、
その空回りが彼らの面白さのように思います。

銀シャリ、ピースは、どちらもわかりやすい昔ながらの(?)
漫才でしたね。
新鮮さがないとの審査員のコメントがありましたが、
単にネタの面白さが足りなかっただけで、スタイルに新鮮さは
必要ないと思います。

カナリアはかわいそうでしたね。
割とボケツッコミがしっかりした漫才で面白いと思ったんですが。
トップというだけで、全審査員が9組の中で最低点を
つけられていました。

ジャルジャルは、賛否両論ありますが、
あれは漫才と呼んでいいんじゃないですか。
ネタさえしっかりすれば、面白くなりそうなコンビだなあ、
とは思いました。

ナイツもインパクトが弱かったか。
ヤホオのネタのときは、もっと言葉遊びのようなボケが
間髪入れずに出てきて勢いがあったんですけどね。

それにしてもパンクブーブーは、何で1本目と2本目の
ネタが同じパターンだったの?
準備不足か?

3組の最終決戦が終わったときんは、スリムクラブが
てっきり優勝かと思いました。

なので笑い飯が勝ったときは驚いてしまいました。

初めてかも知れませんねえ。
最終決戦の結果に驚いたのは。
これまでは、自分が一番笑えたコンビが優勝していたので。

M-1もこれで終了。
関西では、休日の昼間に漫才のテレビ放送が時々ありますが、
全国ネットでのネタ番組ってもうなくなってしまうのかな。

これまでの10回のうち、2回目と3回目は見ていません。
1回目の中川家のネタも記憶にないので、4回目以降で
思い出すのは、やっぱりブラックマヨネーズとチュートリアル
が優勝したときですかね。

NON STYLEも含めて、ああいうテンポのいい漫才が
やっぱり好きだなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック