Jリーグ最終節!悲喜こもごも

Jリーグの2010シーズンが終了しました。

優勝は最終節を待たずに名古屋グランパスに決まって
いましたが、J2への降格争いとアジアチャンピオンズリーグ
の出場権は、最終節までもつれこみました。

上位3位に与えられるアジアチャンピオンズリーグへの
出場権、1位のグランパスは出場が決まっていましたが、
残り2チームは、ガンバ、アントラーズ(勝ち点59)、
セレッソ(勝ち点58)の3チームによる残り2席をかけての
争い。

勝ち点でリードしているガンバとアントラーズは勝てば
出場決定、セレッソは負ければ出場権は得られず、勝つか
引き分けで、ガンバ、アントラーズの結果次第で出場権を
得られるという状況。

ガンバは快勝しましたが、な、なんとアントラーズがモンデティオ
相手に引き分け!!
そして、我がセレッソは・・・ジュビロ相手に6-2の快勝!!
見事にこれまでのシーズン最高位3位、そしてアジアチャンピオンズ
リーグへの出場権を手に入れました。

過去に2度最終節で優勝を逃していること、昨年もJ2優勝に王手
をかけてからの2連敗で優勝を逃すなど、最終戦に弱いという印象
だったセレッソですが、昨日はおもしろいように攻めあがるという
超攻撃的なスタイルで、ジュビロを粉砕しました。

あ~、見に行きたかった~!!
夕方に用事があったので行けず・・・

そして降格争いですが、ベガルタ、FC東京、ヴィッセルの3チーム
のうち、残り1チームがJ2へ降格するという状況。

ベガルタとFC東京は勝てば残留、ヴィッセルは得失点差を考えると
勝ち、さらに残り2チームの結果次第という、ものすごい厳しい状況
でした。

しかもFC東京はすでに降格が決まっている最下位のサンガ、
ヴィッセルは、レッズ戦、しかもレッズのホームでの試合。

どう考えてもヴィッセルが危ないなあ・・・と思っていたのですが、
こちらも、な、なんと!

ヴィッセルは、レッズに4-0と快勝!!
逆にFC東京は、サンガにまさかの0-2敗戦。

Jリーグの美しい話』で書いたとおり、FC東京のサポーターというのは、
降格が決まった相手、個別の選手などを侮辱するコールをよくするんです。

なので今回の降格は、ほ~んとにうれしい。気分がいい。

同じくタチの悪いレッズサポーターから『祝!J2東京ダービー』なんて
屈辱的な横断幕を出されていましたが、そのとおりになりましたね。

横浜Fマリノスは、松田や山瀬などマリノスを支えてきた貢献者を
一気に解雇ということで、試合終了後のセレモニーで一悶着あったようですね。
監督のあいさつも聞かずに「松田」コールをしていたのだとか。

セレッソもそういえば、ポボルとかいうクロアチアの監督のときに
あまりにふがいないし、不可解なチーム戦略に対して、最終戦後の
ポボルのあいさつ時に、サポーターがそれぞれ赤い紙(レッドカードの意味)
を掲げて、大ブーイングをしました。
僕も赤い紙を掲げたなあ、あのときは許せなかった。

セレッソも今シーズンの3位に満足せずに、しっかりと
来年以降もフロント、現場、サポが一体となっていいチームにしてほしいな。

なんせ、最終節で優勝を逃して、その次のシーズンにJ2降格だったもんなあ、
あんなことは二度と味わいたくないよ。

それにしてもFC東京、J2か~。あかん、笑みがこみ上げてきたわ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック