笑いの祭典ザドリームマッチ見てました

2011年1月2日キャプテンズログ。
お前は『スタートレック』か!(誰もついてこれないネタだ・・・)

のんびり箱根駅伝を見ております。
前ではインコが大きな声でさえずっています。

平塚中継所から先は、10数年前には営業車で走り回って
いた地域なので、懐かしい気分になります。

大晦日には、過去のM-1のDVDを見て、お笑い三昧で
過ごしていたのですが、正月の昨日は「お笑いドリームマッチ」
を見ておりました。

ご存知のとおり、お笑いコンビが相方を換えて、コントや漫才を
するという番組。

フットボールアワー後藤とサンドウィッチマンの富澤による漫才が
めっちゃめちゃ笑えました。
さすがM-1チャンピオン同士です。
テンポいいし、ボケはおもろいし、ツッコミが抜群!

後藤は去年はチュートリアル徳井と組んで漫才したのですが、
そのときもめちゃめちゃ面白かった。
テンポのいいしゃべくり漫才でツッコミさせたらぴか一ですね。

その後藤の相方である岩尾は、ロッチのコカドケンタロウと組んで
コントを披露。
こちらもとても笑えました。
ネタは岩尾が主に考えていましたが、すごい面白いネタを書くよね。

確か、去年はハリセンボンとコントを披露しましたが、そのネタも
岩尾が考えたものでしたが、面白かったなあ。

それ以外では、サバンナ八木とピース又吉の“実カフェ”ネタも
笑えました。
一発ギャグは寒いですが、しっかりとネタを作れば面白いんだなあ、
と感心しました。

あとは八木の相方、サバンナ高橋とTKO木本のネタで笑えたかな。
高橋のキャラがすごいいきてるネタでした。

残りは笑えるレベルではなかったなあ。

サンドウィッチマン伊達とおぎやはぎのおぎのコンビはねえ。
せっかく伊達がテンポの速い漫才を!とやる気を出していたのに、
しょぼ~いコントでお茶を濁した感じ。
ゲスト審査員の佐藤健からも「漫才が見たかった。」って
言われていましたね。

でも、こういうちゃんとネタで笑わせてくれる番組が
僕は好きですねえ。

ネタで笑わせる番組ってほとんどないですもんねえ、今は。
多くの芸人さんを使って、とんでもないことして笑わせるバラエティ
ばっかりだもんなあ。
あれって、笑わせてるというより、笑われてるんだもんねえ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

逍遥軒
2011年01月03日 01:55
明けましておめでとうございます。
「笑われてる」とは至言ですね!
そうそう、芸人とは本来、
人を「笑わせて」銭を貰うと云う、非常にタイトな稼業のはず。
昨今の・・・あいや、長くなるのでやめときますワ(笑)。
lemoned
2011年01月03日 03:01
ああ。「笑われてる」と思ったから、私はお笑い番組も見なくなったのかな?
今回の記事の中で知っているのは"岩尾さん"と"おぎやはぎ"だけでした。
昨日、テレビで"ドリフの8時だよ全員集合"をやってましたが、先が見えていても面白かったです。この違いは何なのでしょうかねぇ?
Husky
2011年01月03日 13:25
逍遥軒さん

今年もよろしくお願いします。
“笑われる”芸人をテレビが使う、なのでネタより笑われる芸人
が増えますよね。
テレビがそんな番組ばかりなので、見ている人もそんな笑いに
なれてしまって・・・という悪循環(僕にとって)ですかねえ。

こんなボヤキするのは、おっさんの証拠ですね(^^)
Husky
2011年01月03日 13:29
lemonedさん

ベタであろうとワンパターンであろうと、ネタで笑わせようと
する、狙って笑わせているところが、ここ最近のバラエティとは
違うところじゃないでしょうか。

岩尾は知ってるけど、後藤は知りませんか?
関西での知名度とはやっぱり違うのかな。

この記事へのトラックバック