ワールドカップ3次予選、まあホッとした

サッカーのワールドカップアジア3次予選、
まずはホームで勝利。一安心ですね。

引き分け寸前の試合でしたが、試合終了間際の
怒涛の攻撃はこれまでの日本代表では見られなかったことですね。

なんか引き分けムード漂ってましたが、イライラ感とか
ストレスとか感じませんでした。

前監督のときは、「またかよ!」というストレスたまる
試合ばっかりでしたから。

その前監督が解説してたのには笑った!

試合に出場させるために召集している、という当たり前のことが
できていなかった前監督の前で、当たり前のことをする、
それだけの違いのような気もします。

その当たり前のことしてるから、快進撃のザックJAPAN。

昨日のハーフナーマイク、清武、柏木に限らず、ザックはホントに
新しく呼んだメンバーをすぐに実戦に起用します。

新しく召集したのに練習試合にすら出さずに、以後は呼ばない、
なんてアホなことしてた監督がいたなあ。
ホンマ理解不能でした。

そういう理解不能な采配がない、意図がわかりやすいから
プレイする選手もやりやすい、それがいい結果につながる、
すべてがいい循環になっているのでしょうね。

これまでのザックJAPANは、あまりに上手くいきすぎて
いる気もするので、何かでつまづいた時が心配だなあとも
思います。

まあでも中心選手がいないときのオプションも色々と
考えているようにも思えるので、まあ3次予選はサクッと通過
することでしょう。

なでしこJAPANの躍進も刺激になってるかな。

昨日の試合後のインタビューで長谷部キャプテンが、
次は見ていて面白いサッカーをします!って話していましたが、
そんなインタビューって今まで聞けませんでしたよね。

選手みんなも今のチームは面白いサッカーができると自信を
持ってきている証拠なのかな、と思い、うれしくなりました。

しかしハーフナーマイクの高さは、すごいオプションになりますね。
リードされてる試合の終盤でとりあえずゴール前に放り込んで、
あわよくばこぼれ球!ってパワープレイが可能になります。

それにセンターバックの吉田、あの高さもヨーロッパのチーム相手
だと頼りになります。

円熟期の遠藤、"俺様"本田、ドイツでの自信からエースの風格漂う香川、
若さ爆発の清武、今や世界的サイドバックの長友、ドイツでもまれるウッチ―、
挙げきれませんね。

さらに宇佐美、宮市、家長、乾などなど海外に渡ったテクニシャンの若手も
たくさんいますし、いや~楽しみだ。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック