【EURO2012】スペイン連覇!!

この土日、ブックオフとドラムの個人練習以外
ほとんど外出せず。

来週のライブに向けて、体調を整えるとともに
今朝3時半に起きてEURO2012の決勝を見るためです。

スペイン対イタリア。

日本ではどっちを応援する人が多かったんだろう?
今大会の戦いぶりからすれば、イタリアを応援する
人が多かったかもね。
僕はスペイン応援していました。

結果は、4-0とスペインの圧勝でしたね。
イタリアは交代枠を使い終えた後に、けが人がでて10人
となってしまい、勝負あり!という感じでした。

スペインが準決勝から中3日、イタリアが中2日という
日程のせいもあったのかも知れませんが、イタリアは
イングランド、ドイツを倒して、もう体力的にいっぱい
いっぱいだったのかも知れません。

そこにスペインがこれまでの戦いぶりよりも、
パスの本数を減らしてスルーパスやドリブル突破を
試みてきたため、それへの対応ボディブローのように
効いてきたかな。

WOWOW解説の奥寺さんや宮本さんが言っていましたが、
スペインはこの決勝が今大会で一番の出来でした。
特にシャビがこの試合は素晴らしかった。

そしてトーレスと併用されていたセスクが先制点のアシスト。
セスクはグループリーグでは同点に追いつくゴール
を決めましたし、イタリア戦に相性がいいということで起用
されたのかな?その期待に応えましたね。

イタリアは後半の最初にビッグチャンスがきました。
ディナターレ!ゴール正面でノーマークでのヘディングだったのに、
カシージャスの真正面・・・
あれが決まっていれば、面白い展開だったんだけどなあ。

バロテッリもほとんど見せ場を作れず、ピルロも守備に
気を使う時間が多かったですね。

しかし前半終了後のスタッツでは、イタリアのほうが
ボールポゼッションの割合が高かったし、パスの本数も
イタリアのほうが多かったのに驚きました。
そんな印象は全くありませんでしたから。

スペインのパスが少ないことについては、
縦へのスルーパスが多かったことと、横パスを減らして
ワンツーでどんどんバイタルエリアに入っていたから
でしょう。

華麗なパス回しの陰に隠れていますが、今大会スペインは
初戦のイタリア戦での1失点だけ。
これも驚きですね。

ポルトガル戦でのPKでの活躍もあるし、カシージャスが
大会MVPかな。(もう発表された?)
僕の中では、イニエスタもMVPに値すると思います。

それにしても、EURO2008、ワールドカップ、EURO2012と
3大会連続優勝なんてするチームが出てくるとは!

そうそう、試合終了後にスペインの選手は、自分の子供たちを
ピッチに入れていましたね。
子供たちのユニフォームの背番号を見ると、誰の子かわかります(笑)
トーレス家は、小さな男の子と女の子でした。
ゴール付近で楽しそうに遊んでいました。

イタリアのほうは、ピルロが目を赤くしていたのが印象的。
ブッフォンは、「やられたな~」という感じで、力を出し切ったけど
及ばなかった、って納得したような表情でしたね。

試合が終わってすぐに、アメリカのSports Illustratedと
スペイン、イタリアのサイトを見てみました。
ヘッドラインはこんな感じ。
スペイン語とイタリア語は理解できましぇ~ん。



画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック