今さらドラクエIV-導かれし者たち

実は3日ほど前からドラクエやってます。

Wiiではなく、DS。
しかも『ドラゴン・クエストIV導かれし者たち』。

なぜかこの年になって、じっくりとゲームをやりたくなりました。
本当は、懐かしいドラクエIを買おうかと思ったんですが、
Wii版しかないんですよね。
Wiiは、リビングのテレビとつながっているので、
家族がテレビ見ている間はできないので、DSでできる
ドラクエにしたんです。

第1章から5章からなる物語なんですが、
第1章は買ったその日に制覇できました。
(一度死んでしまいましたが)

第2章もそんなつもりでいたら、むっずかしい!
すでに一度全滅。
その後は地道に戦っては村の宿で体力回復を繰り返し、
ずいぶんレベルも上がってきました。

レベルがあがるにつれ、楽しさも増しますね。
攻撃力が上がって、あっという間に敵を倒せるしね。

村人に話しかけまくり、ツボを見ると割りまくり、
ついつい夢中になっていると寝る時間になっている!

3人までプレイできるので、下の娘も第1章に
挑んでおります。
ときどき読めない漢字があるので、僕が説明しないといけませんが。

DS版ドラクエが、ブームになっております。


アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
スクウェア・エニックス
2010-03-04


Amazonアソシエイト by アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ガッちゃん@帰宅ちう
2012年09月04日 20:03
名作ですね。
それぞれの章の主人公が集まって、一つの物語になり
最後は各々の故郷に帰っていく。
かなり感動した思い出があります。

DSだと通勤時間とかにできるからいいですよね。

我が家のドラクエ10はレベル上げで停滞中です(笑)。
Husky
2012年09月04日 23:29
ガッちゃん

通勤時は音楽聴くか本読んでるので、DSは家だけです。
なので仕事終わるのが待ち遠しくて。

僕はドラクエはファミコンで1しかやったことないので、すべてが初体験。
第1章終わって、キャラが変わったことにまず驚きましたよ。
のん
2012年09月05日 02:38
私もⅣの作品は3回くらい繰り返してやった事がありますv(=^0^=)v
ここ2年くらいやってないからもう一度やりたいな~…
なくしたという事実orz

でも今はⅩのレベル上げでやるのは少し先でしょうw
その間に探し出さなくてわ!!
Husky
2012年09月05日 12:34
のんさん

初めまして。
3回もやったとは、だいぶIVにはまっていたんですね。
僕はまだ2章ですが、すごく楽しんでいます。

Xは攻略が大変そうですね。がんばってください!
鬼若子
2012年09月06日 22:30
勧善懲悪から脱却したストーリー性や、
最初のロト・シリーズ終了+未知の新シリーズ1作目ってせいもあってか、
ファミコン時代当時には過小評価された名作ですよね。
HuskyさんはⅣ初体験でしょうか?
もしそうならば、以下ネタバレにならぬよう気をつけて書かせて頂きます。
どうもこの作品は、旧約聖書をモティーフにしてるっぽいです。
主人公は神に導かれし救世主で、その彼の許に集う仲間達は、救世主の使徒。
そしてその使徒の中には、
被差別者たるユダヤ商人(トルネコ)やジプシー(マーニャ&ミネア)
が混じっているのも興味深い。
他には・・・あ、これ以上書くとネタバレになるのでこの辺で(笑)。
Husky
2012年09月09日 09:16
鬼若子さん

ドラクエにも精通していたんですか!
その洞察力の深さには、驚かされます。

今は第3章のトルネコです。
終わったら改めてドラクエIVの解説をお願いいたします。
鬼若子
2012年09月09日 20:07
再び失礼します。
隠退したブロガー根性が頭をもたげるのを抑えつつ、
ネタバレ注意しながら以下を書かせて頂きます。
ドラクエⅣは、言わば
日本ゲーム界のファーストガンダムみたいなものでしょうね。
あとになって評価され、後進作品の方向性をも決定づけた・・・。
ファーストガンダムはスーパーロボットアニメ路線から脱却した
最初のリアルロボットアニメであり、ドラクエⅣは前述の通り。
例えばガンダム第1回、主人公のGFの親があっけなく爆死する場面、
あるいは、ラル隊の全滅で以って戦争の悲惨さを痛感させられ、
軟弱者(カイ)の成長物語に共感し、他には、
時折ジオン側に立ってストーリーを注視している自分に驚き
・・・etc。
これらの、我々が幼少期に体験した
身が粟立つほどの群像劇と同種のエッセンスが、
ドラクエⅣにはあります。
Ⅳがファーストガンダムに勝る点は、本来なら視聴者たる我々が、
いつの間にか主人公として「当事者」になってしまう事。
鳥山明のペンによる主人公(男)のイラストに、
Huskyさんは漠然とした違和感をお感じになりませんでしたか?
何やら微妙に捻くれたような顔立ち。
・・・あ、ヤバい、ネタバレ注意!
Husky
2012年09月10日 12:19
鬼若子さん

いやいや洞察力深すぎです!
しかもガンダムも絡めるとは!

ドラクエIVとか、そのような立ち位置にあるゲームでしたか。
ドラクエIしかやったことのない僕にとっては、主人公がどんどんと変わっていくということにまず驚きました。
そして変わっていく主人公たちのキャラクターも戦士、姫、商人、踊り子・・・(昨日から第四章に入りました)と多彩。
それぞれの章が"To be continue"な状態で、次の章へ移るので、これが最後にどんな風につながるんだろう、って今から期待値マックスになってます。

男のイラストに違和感感じておりません・・・観察力が低いですね。
代わりに女キャラに「かわいいなあ」と感情移入しながら進めてます(おっさん目線でスイマセン)

ガンダムに関しては、鬼若子さんが挙げた例以外にも、ラル隊とアムロの酒場での絡みとか、ミライとスレッガーの恋、ザビ兄弟の確執・・・人間ドラマがそこここに見受けられますよね。
そして宇宙移民の進化がもたらした「ニュータイプ」という概念にせよ、ファーストガンダムは、考えれば考えるほどに、当時としては前衛的なロボットアニメでしたね。視聴率が低くて途中で打ち切られたというのも、その証明かな。
ガンダム話になってしまいました(笑)