第5章終了!ドラゴンクエストIV導かれし者たち(その2)

さてと昨日の続き。

ドラゴンクエストIV、第6章が始まりました。

アリーナ、クリフト、ブライ、ライアン、マーニャ、ミネアとの
再会はうれしい限り。
トルネコ?もう本業に精出しなはれ、という感じかな(笑)

「リングにかけろ」に例えるなら、チャンピオン・カーニバルが終わり、
剣道の世界に戻った志那虎、ピアノを再開した河井が、
日米決戦のためにリングに戻ってきたような感じかな?
(ちょっと違う?)

5章までを振り返り、一番苦労したところは、やっぱり
デスパレスの会議室?の席に着くところかな。

あれは一度言われたとおりにしたのに、いつまでたっても
デスピサロが現れず、席に座れというセリフは手がかりでは
ないんだ、と思い込んでいたので、だいぶ時間をロスしました。

そこを突破したのは、ホンマに偶然。
デスパレスの中で人間の姿のまま魔物と戦い続け、
会議室で、ちょっと休憩しようとへんげの杖で魔物の姿に
なって座らせたんです。
DSをテーブルに置いて冷蔵庫に飲み物を取ろうと立ち上がると
画面が変わってるじゃないですか!
いや~、あやうく挫折するところでした。

次に苦労したのは、第3章でトムじいさんの息子を牢屋から
助け出すところです。

牢屋越しに話しかけたところ、「この扉は鍵がかかっている」という
メッセージが出て、まったく話せなかったんです。
ちょうど真ん前に立って話しかけないといけないんですよね。
はす向かいにいる囚人は、真正面じゃなくても話せたので
同じようにしていたら、一向に話ができず・・・

キチンと真正面に立つことに気付いたのも偶然。

はす向かいの囚人とは毎回話ができたので、立つ位置気にせず
隣の牢屋との境目くらいから話しかけたんです。
そした「この扉は鍵がかかっている」というメッセージが出て、
立つ位置によっては話せないことに気付いたんです。

かわきの石も苦労したなあ。
夜の海辺の村で、波打ち際の一部が穴のあいたようになっていて、
そこだろうなあ、と予想はしていたのに、昼間にその部分を探すという
発想が出ませんでした。
このあたりは、ドラクエ経験が1のみだからかなあ。

どうして昼間にその部分を探すことに気付いたかというと、
ロザリーヒルの盛り上がっている部分の真ん中だけ、花が咲いていなくて
何気なくその部分を調べると、アイテムが出てきたからです。

あ、地面がキラキラ光ってない場所でも何か出るときがあるんだな、
と遅ればせながら気づいたわけなんです。

まあ、時間かかった分、なぞときの間に、ずいぶんと敵と戦って
レベルアップできたことは確かです。

ゲーム中の会話から、それぞれのキャラの性格がすごく表れているのも
いいですね。

格闘にしか興味がないアリーナと、ほのかに想いを寄せるものの真面目すぎる性格で
それを打ち消すクリフトの関係がよかったです。

できればライアンにもう少し、エロオヤジな部分を持たせてくれれば・・・
あ、子供向けじゃなくなるかな。

ライアン「マーニャどの、そんな肌を露出する衣装はいけませぬ。」
マーニャ「あら、いいじゃん!へるもんじゃないし。」

・・・当然、ボツですわな。

ミネアとクリフトの愚痴りあいとかも面白そう。

ミネア「姉のマーニャときたら、ギャンブルに溺れて、
    もう少し真面目にならないかしら。」
クリフト「アリーナ姫も口にするのは武術のことばかり。
    もう少し女らしくなってくれたら。お美しいのに(*^^*)」

ブライとライアンのオヤジ会話もいいかな。

ブライ「最近、どうも冷えると腰が痛くなってのお。」
ライアン「ワシも、最近どうも老眼でのお。近くのものが見づらくて。」

トルネコにお金を借りようとするマーニャはどう?

マーニャ「ねえ。トルちゃん、奥さんの銀行のお金、ちょっと貸してよ。」
トルネコ「その代わり、魔物との戦闘を免除してくださいよぉ」

いくらでも思い浮かびますね。
(アリーナは、もちろん勇者との武器談義に盛り上がっていることでしょう。)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鬼若子
2012年10月20日 01:23
さて第6章突入と云う事でしたら、
もうお話しても良さそうな攻略情報をいくつか・・・。
御存知かも知れませんがトルネコ編の序盤、
店番してると稀に「破邪のつるぎ」を売りに来る客が来ます。
はい、第5章の前半戦まで役に立つ、
「道具」として使うとギラ効果があるあの剣ですね。
独り立ちは、その剣が店に並んでからにしましょう。
無論、自分が客としてソレを店頭で購入するのです。
(もう遅いって)
第5章で仲間が全員揃ってからのトルネコは、
破邪以降の新規武器がなかなか手に入らず
控えに回る事が多くなりますが、そうした場合は
彼に「皆殺しの剣」を装備させるのも手ですよ。
呪われて守備力がゼロになるのが痛いですが、
呪われてもしょせんトルネコだし(笑)、
第一あの剣の攻撃力は捨てがたい。
実は、守備力ゼロでも受けるダメージは
それほど致命的ではありません。
(強力な皆殺しの剣でのズッコケ会心も、秘かに期待)
あとトルネコは戦闘中、
たま~に敵の宝箱をかすめ盗る事がありますし、
ああ見えて彼はアイテム収集の戦力だったんですね。
以上、PS版での我が記憶より。
ガッちゃん@朝の帝王
2012年10月20日 06:47
ドラクエ4に第6章があるんですね。
僕はファミコン版しかやっていないので知りませんでした。
前も書きましたが、一つ一つの物語が合わさっていくのは
僕も感動したストーリーでした。

上の方が書いている破邪の剣の話
確かファミコン版でもあった気がします。
十数年ぶりに思い出しました(笑)。
Husky
2012年10月21日 08:26
鬼若子さん

皆殺しの剣は、一時ライアンに装備していたんですが、トルネコに装備すればいいんですねえ。
これからしばらくは、トルネコを前に出して、宝箱盗みにせいを出させます。

トルネコ編は、情報必要ですよね。
僕はクリアした後に攻略サイト見たので、やり残したこととか無駄なこといっぱいしていました。
その一つが、武器屋で武器を仕入れて、自分の店でネネに売らせるということ。
下の娘にはそれを教えたので、せっせと武器を横流しして、お金稼いでいましたよ。
Husky
2012年10月21日 08:29
ガッちゃん

第6章はファミコン版ではなかったようですね。
DS版でも、(おそらく)ファミコン版のように第5章の後にエンディングロールが流れます。それが終わって、セーブして、もう一度ゲームを始めると、第6章になっているんです。

第6章では、ゴットサイドの中に大きな穴が開いていて、その中を冒険することになっているんですよ。