トム・クルーズ『アウトロー』

予告から気になっていたので、早速観てきました。

邦題は、『アウトロー』ですが、原題は、『Jack Reacher』。
主人公の名前がそのままタイトルになっているんです。

予告では「トム・クルーズ、新シリーズ!」と言ってたと思うので、
シリーズ化されるんでしょうね。
そういう意味では、今回は、主人公ジャック・リーチャーのお披露目
という映画かもしれません。

まず、言いたいのは、予告から受ける印象と、映画の内容に随分違いがあるなあ、
ということ。

予告では、派手なカーチェイスやアクションシーン、
主人公のダークなイメージが強調されるシーンばかりを
集めていたので、てっきり、『ミッション・インポシブル』の
イーサン・ハントがものすごく凶暴になったような、
そんなダークヒーローの活躍と思っていました。

が、実際は、地道に殺人現場や容疑者の残した遺留品から
事件を推理し、また自分で証拠を集めるために関係者に話を聞く、
などなど、暴力的なシーンは少な目。

ジャック・リーチャーは、軍隊で数々の勲章を取ったということで、
腕っぷしも強く、そんなシーンもありますが、それはホンの一部なんです。

そんな予告との違いにとまどいながらも、
退屈することはありませんでした。


が、最後の戦いのシーンでは、「なんでやねん!」とつっこんでしまいました。

腕っぷしが強く、頭脳明晰な主人公というイメージで観ていたのに、
最後は、大した策もなく、敵が待つ場所へ特攻!!

相手のほとんどが雑魚だったので、作戦(?)は成功。
なんとか敵を倒すことはできましたが、「もうちょっと頭使えよ」と
思ってしまいましたよ(笑)

画像



この記事へのコメント