ブラジルワールドカップ総括

ブラジルワールドカップが終了しましたね。
これで寝不足から解放されますが、少しさびしい気もします。

決勝戦前の予想通り、ドイツがアルゼンチンを破って優勝、
南米で開催されたワールドカップで初めてヨーロッパ勢が優勝し、
一つワールドカップのジンクスが破れました。

準決勝から決勝まで1日休みが多く、
しかもブラジルを7-1で撃破したドイツ、
対して準決勝で延長、PKまで戦ったアルゼンチン、
ドイツが圧倒するんじゃないかとの予想もありましたが、
アルゼンチン守備陣が頑張りましたね。

それに攻撃陣のドリブル突破の切れ味がすごかった!
決定的なチャンスはアルゼンチンのほうが多かったくらいです。
しっかし、決めきれんかったなぁ・・・
前半のイグアインと後半のパラシオ・・・
2chの実況見てたら、この2人が外したシーンには、
アルゼンチンの大久保!なんて書き込みもありましたよ。

こう書きながら振り返ると、僕自身はアルゼンチン応援してたんかなと
思ってきました。
見てるときは、点取り合いの面白い試合が見たいと考えていたんですが。

全試合見たわけではありませんが、面白かったのは、
イタリア対イングランド、ウルグアイ対イングランド、
アルゼンチン対イラン、オランダ対メキシコ、
アルゼンチン対ベルギー、ブラジル対コロンビア、ブラジル対チリなどが
思い浮かびます。

印象的なゴールは、おそらく大会ベストゴールに挙げられるだろう
コロンビアのハメス・ロドリゲスがウルグアイ戦で決めたゴールはもちろん、
スペイン対オランダ戦での、ファンペルシーのヘディングでのゴールも
印象深いですね。
あとは、やはりメッシ。あのイラン戦でのゴールはすごかった!
それからウルグアイのスアレスのイングランド戦での勝ち越しゴールも
おー!とうなりました。
そうだ、アルゼンチンのディマリアのスイス戦でのゴールもしびれました。
メッシからのパスを落ち着いて確実に決めた、あの決定力はさすが!

注目選手のプレーとしては、イングランドのルーニーの
イタリア戦でのアシスト。あのピンポイントのクロスは名場面の1つです。
ロナウドのガーナ戦、アディショナルタイムでのアシストもさすがでしたね。
残念ながら自身のゴールはありませんでしたが。
時間と日程の関係でフランス戦にあまり縁がなかったんですが、
ベンゼマも活躍したようですね。
ドイツ戦でノイヤーに惜しくも阻まれたシュートはさすがの一言。
(さっきから「さすが」ばっかり言ってますね 笑)

1か月間見てきましたが、NHKも含めて実況、解説がホントにうっとおしです。
副音声で会場の音だけにしてほしいとホント思いました。

しかしブラジルの、あの敗戦は衝撃的でした。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鬼若子
2014年07月15日 03:01
決勝戦は、素人目でも高度なせめぎ合いがありありと窺えましたね。
これを観た後なら、日本は出場出来た事自体が大健闘だとも思えます。
この次元に日本が並ぶ時代もそう遠くはないだろうと期待しつつ、それと同時に、残念ながらやはり越えられない壁みたいなものを感じてしまいましたよ。
日本に足りないものは何なんでしょうね?
スペックそのものはJ.リーグ結成当時に比べ飛躍的に上がっているのに、ドイツにもアルゼンチンにも、開催国ブラジルにも今大会で奮闘したオランダにも、真っ向勝負では勝てる気が全くしない。
短期決戦特有の番狂わせ狙いが関の山で、それではハナから優勝は駄目なんですよねえ…。
Husky
2014年07月15日 12:24
鬼若子さん

ホントそうですね。今大会のコスタリカのような番狂わせを日本はできる可能性はありましたが、それでも優勝には届くとは思えません。
ただ、優勝を口にした本田のような選手は必要ですし、彼も今回の惨敗を受けて、素直に自分が甘かったと認めていますから、それを鬼の首取ったように批判する輩はいかがなものかなとも思います。
とにかく今回のザックジャパンは、ワールドカップまでの4年間で最も戦績も試合内容もよかった日本代表だったので、なぜ本番であれだけ出来が悪かったのか、しっかりと検証してもらいたいです。僕はチーム全体のコンディションが悪かったとしか思えないんです。今までヨーロッパの強豪といい試合をしたときは、日本は走り勝っていました。後半の後半、日本の足が止まってしまう試合なんてほとんど記憶ないんですよ。なので、はっきり言えば、あのグループなら3連勝も可能だと思っていました。が、後半、先にバテたのは日本でしたから、ホント不思議だったんです。

そして、日本がさらに飛躍するには、やはり時間が必要でしょう。
この4年間でヨーロッパへ渡る日本人選手が増えただけでなく、チャンピオンズリーグに出場するような選手が増えてきました。このような選手を増やしていくとともに、Jリーグのレベルアップですかねぇ。(これが難しいところですが)
それから、メッシやロッベンは日本には出てこないことを前提にして、やっぱりチーム全体で守り、攻め、走り続ける、そういう組織でするサッカーしかないんじゃないかなと思います。
なかなか難しいですね。