『オール・ユー・ニード・イズ・キル』面白いです

トム・クルーズ主演の映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、
日本のライトノベルズが原作ということで話題になっていますね。

早速観てきました。
面白かった!

ちょいネタバレありです。

ギダイという侵略者により、人類が滅亡の危機に瀕している近未来。
ギダイに立ち向かう軍の広報担当将校であるトム・クルーズが、
戦闘の最前線への派遣を命じられます。
実戦経験がなく、のらりくらりと言い訳をして派遣を断ろうとするトムですが、
脱走兵の汚名を着せられ、最も過酷な部隊に配属されることになります。

銃器の扱い方もわからず、あっけなくギダイに殺されたトムですが、
その時に浴びたギダイの血が原因で、死んだ瞬間に、過去の部隊に配属された時点へと
タイムスリップするのです。
タイムスリップし、再び、戦場へ。
また戦士し、部隊に配属された過去へとタイムスリップ。
終わりのなりタイムループの中で、何度も同じ経験を繰り返します。
その経験が、徐々に戦士として成長していくのです。
(敵がいつ、どこから来るのか、知っているわけですから。)

そんなときにトムのようなタイムループを経験した女性戦士と
出会います。
エミリー・ブラント扮する女性戦士、これがまた凛々しくかっこいい!

エミリーからタイムループの原因と、それを利用すれば
ギダイを倒せることを知り、トムとエミリーの奮闘が始まります。

すごく上手い設定だと思いました。
アイディアが素晴らしい、そして映像も臨場感満点です!

一つだけ残念な点を言うと、ギダイの親玉を倒しに行くとき、
トムとエミリー2人では十分ではないので、トムが最初に配属された部隊の
とんでもないならず者の兵士達も仲間となるんです。
そして彼らの献身により、トムとエミリーをギダイの親玉と
相対することができるんですが、その彼らの勇敢であるはずのシーンが
少なすぎたのが残念だったんです。

しかし、面白いことは確かです。
何度もタイムループ、同じシーンが繰り返されるんですが、
結構笑えるんですよ。

もう1度観てもいいかな、と思えるほどの作品でした。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

lemoned
2014年07月20日 04:02
面白かったんですかー。これ、予告を見た時に「タイムループがしつこい!」と思ってしまいました。それと、「トム・クルーズいつの間にこんなに老けたんだ?」と(笑)

>その彼らの勇敢であるはずのシーンが少なすぎた
やっぱりトム・クルーズは自分が一番じゃないとダメなのか。そういう所がいまいち好きになれない俳優さんですけど、何気に面白い映画に出演しているのが少し悔しいです。
Husky
2014年07月20日 19:41
lemonedさん

タイムループ、めっちゃしつこいです(笑)
実は、そんなループの繰り返しに笑ってしまったくらい。

まあ、そんな悔しがらずに観てくださいよ(^ ^)
劇場で観るのがオススメですが、DVDでも面白さは伝わると思います。