ポール・マッカートニー大阪公演2015

2002年、2013年とチケットを取り損ねて
見逃したポール・マッカートニー。
ようやく生でその歌声を聴くことができました。

チケットは18,000円と今まで行ったコンサートでは最も高い!
ですが、それだけ払った価値のあるコンサートでした。

ステージは、と、遠い
画像

今回の来日が決まったとき、火曜日の開催だったので
ドラムレッスンを優先してチケットを取らなかったんです。
ですが、21日はレッスンのない日とわかったのと
追加でバルコニー席の発売が決まったのが同時くらいで、
すぐさまチケットを申し込んだのです。

バルコニー席というのは・・・
ドームの6階から8階にあり、野球のときは年間予約のみの特別観覧席で、
ガラス張りのVIPルームが上段スタンドのさらに上にあるのを見たことが
ありませんか?あそこです。

右上のガラス戸を開けて席に出ます
画像

なのでステージを見下ろす形になり、距離も遠いし、
ステージ上のアーチストは豆粒サイズなのですが、
シートはゆったり、しかもふかふかだし、スタンドやアリーナの
後ろから見るくらいなら断然おすすめです!

席から下を見下ろすとこんな感じ。結構怖い(^^;;
画像

席はこんな感じ。ゆったりしてるし座り心地OK!
画像

さて、6時半開演ですが、もちろん時間通りには始まりませんよね。
遅れることはわかっていましたが、30分経過してもまだ始まらない。
さらに待つ。7時10分、15分くらいだったかな?
ようやく照明が落とされて・・・ポール登場!!

白いシャツに黒のパンツ、ほっそりとした体形。
大型スクリーンに映る顔はすごく元気そう!
『Magical Mystery Tour』からスタート!!

2002年のツアーを収録した『Back in US』では歌われてなかった曲。
コンサートのオープニングにふさわしいですね。

そこからビートルズのナンバー、ウィングスのナンバーと
時折たどたどしい日本語を交えながらパワフルに歌い上げるポール。
何というか、鳥肌立ちっぱなし、背筋ゾクゾクしっぱなしでしたよ。

セットリストは色々なところに掲載されていますが、

Magical Mystery Tour (The Beatles)
Save Us
Can't Buy Me Love (The Beatles)
Jet (Wings)
Let Me Roll It (Wings)
Paperback Writer (The Beatles)
My Valentine
1985 (Wings)
The Long and Winding Road (The Beatles)
Maybe I'm Amazed
I've Just Seen a Face (The Beatles)
We Can Work It Out (The Beatles)
Another Day
Hope for the Future
And I Love Her (The Beatles)
Blackbird (The Beatles)
Here Today
New
Queenie Eye
Lady Madonna (The Beatles)
All Together Now (The Beatles)
Lovely Rita (The Beatles)
Eleanor Rigby (The Beatles)
Being for the Benefit of Mr. Kite (The Beatles)
Something (The Beatles)
Ob-La-Di, Ob-La-Da (The Beatles)
Band on the Run (Wings)
Back in the U.S.S.R. (The Beatles)
Let It Be (The Beatles)
Live and Let Die (Wings)
Hey Jude (The Beatles)

アンコール1
Day Tripper (The Beatles)
Hi, Hi, Hi (Wings)
I Saw Her Standing There (The Beatles)

アンコール2
Yesterday (The Beatles)
Helter Skelter (The Beatles)
Golden Slumbers~Carry That Weight~The End (The Beatles song)

2時間半ですよ!
途中、水を飲むこともなく、ホント元気でびっくりでした。

ベース、エレキギター、アコースティックギター・・・頻繁に持ち替え、
さらにステージの少し高くなったところ、ドラムの横でグランドピアノを弾いたり、
ステージ中央でオルガンを弾いたり、すごかった~!

初めて生で聴く『Let It Be』。ピアノのイントロで震えました。
これを聴かずして人生終わられへんわ、という思いを噛みしめながら
聴いていました。

『Hey Jude』は、喉からからになるまで♪Na Na Naと声を張り上げましたよ。
会場には”Paul”と書いたボード以外に、”NaNaNa”や”Hey Jude”と書いたボードを
掲げている人がいて、しまった~、僕も用意しとけば!って思いでした(笑)

『Ob-La-Di, Ob-La-Da』の合唱はうれしかったな~。
『Black Bird』の弾き語り、ジーンときたわ~。
『Eleanor Rigby』好きなんやわ~。
あのバイオリンっぽい音がキーボードで忠実に再現されていました。
ジョージに捧げた『Something』も良かったしね。

最初のアンコールで『Day Tripper』のイントロが鳴って、
「おー!これくるかー!」と大興奮!

2度目のアンコール、『Yesterday』でしっとりと終わるんかと思ったら、
『Helter Skelter』で大盛り上がり、もう終わりだろうと思ったら、
ピアノの前に座り『Golden Slumbers』!
どんだけ歌ってくれるねん!って思わず声が出てしまいましたよ。

いくら書いても書ききれないくらいです。
バンドメンバーはポールを含めて5人だったんですが、
音の分厚さ、コーラスの分厚さは5人とは思えないほど。

圧巻のステージでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ガッちゃん@羽田空港
2015年04月23日 07:29
イイですねぇ。
曲目を見て羨ましく思いました。
今参加しているバンドに
ビートルズ好きがいるので
最近車の中でよく聞かせてもらってます。

今度ジャムってみようかな。
Husky
2015年04月23日 12:38
ガッちゃん

良かったですよ~!
僕もビートルズはバンドでやったことがないのですが、やってみたら楽しそうですよね。
今度バンドで提案してみようかなと僕も思いました(^_^)