テイラー・スウィフト The 1989 World Tour

今年のゴールデン・ウィークのメインイベントは最終日

テイラー・スウィフト@東京ドーム

前の夜はなかなか寝付けず、朝は早々に目が覚めた。
まるで遠足前の小学生のよう(笑)

午前中の新幹線でお昼すぎには東京着~。

ドームシティでランチ。
隣の席の女性二人組、首にはテイラーのタオル。
斜め向かいの女性二人組、着てるのはテイラーのTシャツ。

開場まで4時間ほどあるのに、
ドームの周りはテイラーファンでいっぱいでした。

PVでテイラーが着ていた衣装を真似た女性や
頬に「1989 T.S.」とペイントしている女性、
手のひらに「13」とペイントした女性、
テイラーのような真っ赤な口紅をつけた女性・・・

若い女性ばっかり~(^_^;)

なので開演ギリギリに場内に入りました(笑)

席は1塁側1階、ステージよりの割といい位置。

開場のライトが落ち、いよいよ始まる~!
一斉にみなが立ち上がります。

曲が流れる・・・予想通り!
『Welcome to New York』
すごい大歓声でした。こんな盛り上がりは初めて!!

背がすらっと高いテイラー、遠目にも見とれてしもた(笑)

観客全員に配られたリストバンドが、遠隔操作で色が変わるんです。
曲に合わせて、赤、青、白・・・
観客席を見渡して美しい光の海を見ても鳥肌モノでした。

テイラーの声もよく出ていましたよ!!

2曲目が知らない曲だったんですが、
あとで調べたら日本盤CDのボーナストラックだったorz

コンサートというよりショーですね。
10人ほどのダンサーがショーを盛り上げます。

テイラーもほぼ曲ごとに衣装を替えて、観客を魅了。
MCにときおり混ぜる日本語もカワイイ(*^^*)

アルバム『1989』からは全曲歌ったんじゃないでしょうか。
その分、過去のアルバムからは、ほんの数曲でしたけど。
でもアレンジを変えた『I Knew You Were Trouble』、『Love Story』は良かったですよ!

演出としては、ステージからアリーナの中央まで長く伸びたランウェイが
遊園地のアトラクションのように上昇、さらに回転!
アリーナ前半分の人、後ろ半分の前よりの人たちは、
生テイラーがすごく見えたんじゃないかなぁ。うらやましい!

2時間ちょっとのステージ、めちゃめちゃ楽しめました。
アンコールなしはちょいと残念だったけどね!


1989~ツアー・エディション(初回限定盤)
Universal Music =music=
2015-04-29
テイラー・スウィフト


Amazonアソシエイト by 1989~ツアー・エディション(初回限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鬼若子
2015年05月09日 01:03
TVの情報番組でチラ見しました。
ワールド・ツアーの皮切りが日本とは、ファンとしても光栄な話ですよね。
彼女自身、全盛期のジャッキー・チェン並みに(引き合いが変ですけど)日本市場を重く見ているようです。
日本で云うと平成生まれに当たるテイラー・スウィフトも、気がつけば今年26歳の“大人のオンナ”。
今から7年少々前、彼女の事を「今後の販売戦略次第では日本でも結構ウケるはず」と見込んでいた私ですが、まさかここまでのVIPになろうとは。
いやはや、ウケ過ぎてて逆に世間との温度差を感じてしまうのです。
Husky
2015年05月09日 10:40
鬼若子さん

僕がテイラーを聴き始めた頃には、カントリー愛好家として、すでに彼女についてもシャナイア並みの情報をお持ちでしたもんね。

過去の記事を見返すと、リアルタイムでテイラーの成長を見ていけるとコメントされていましたが、まさにその成長を見守ることになりましたね。

僕も聴き始めたのは2枚目が発売された頃ですけど、アルバムは順番に聴いているので、ずいぶん歌も上手くなったし、エンターテイナーとしても成長したなぁと実感できます。